仮想通貨botトレードのためにゼロからpythonを勉強する

仮想通貨でbotトレードを行うために

初めてのpythonスタートブック二日目。

少し時間がたってしまいましたが、pythonスタートブックでの勉強時間がまた取れたので、まとめたいと思います。

 

f:id:t__ken:20171227172952j:plain

今回勉強したこと

以前90ページ程まで勉強したpythonスタートブックですが、現在150ページまで進み、データ型についての勉強と、for文、if文、while文、そしてエラーが出た時の対処法について学びました。

 

データ型については少し覚えなくてはいけないことが多く時間を要しましたが、条件分岐と繰り返しを制御するif,for,whileに関しては比較的分かりやすく勉強できたと感じます。

この構文をマスターすれば、簡単にですが、ある程度実用的なプログラムが組めるかなと感じました。

 

また、エラー処理についてもとても分かりやすかったです、初めてエラーが起きてしまったときは、「なんだこの文字列は?」と思ったものですが、その疑問もあっさり解決させてくれました。

 

この後の章ではファイルの読み込みや、pythonを使用して、画を描くようです。

本当にプログラミングで色んなことができるようですね。

まだまだ仮想通貨のbotを作るには程遠いなあと感じてしまいますが、少しづつ前に進みたいと思います。

 

また、pythonでプログラムのファイルを作った後、そのファイルをOSのシェルで実行しようとしたところ、ファイルが見つからないというエラー?が出てしまったので、一からpythonをインストールし直し、ファイルも作り直しました。

 

参考にしたのはこちらのサイトです。

qiita.com

他にもたくさんのブログで紹介されていた「アナコンダ」と言うものをインストールすることで、pythonで使えるパッケージを同時にインストールできるようです。

個の手順でインストールしたら、いろいろと必要なものがそろった気がしました。

機械学習、奥が深いですね。。。

勉強するぞー!